MAIL

order/
contact

木のはめこみパズル

30cm角/4mm厚のMDFを、丸や花形などのカタチにカットする加工を依頼していただきました。

通常、端材の部分はこちらで処分して、切りぬいた形の部分のみ納品させていただくことが多いのですが、
今回は「端材の部分も捨てずに送って欲しい」とのこと。
さらに加工をしていない30cm角のMDF材も一緒に納品しました。

後日、それらを使って制作したものの写真をいただいて、感動!
とってもかわいいペインティングを施し、端材と2枚目を張り合わせて「はめこみパズル」を自作されていました。
ご自身の1歳のお子さんに、手作りのおもちゃとしてプレゼントされたそうです^_^
世界に一つだけのオリジナルデザインのおもちゃ、素敵です!

さらに30cm角のMDF板2枚を、全く無駄にすることなく使っているところも素晴らしいですね。
MDFは、木の細かい粉を樹脂で固めてあるため、他の木材に比べて表面の平滑性が高く、
ペイントしたりシートを貼ったりという加工がしやすいのも特徴です。
パズルや積み木のように、カラフルに着色するプロダクトを考えの方は、MDF材を使って制作してみてはいかがでしょうか。
色んなアイデアの詰まったご依頼をお待ちしています!

バイクのフロントエンブレム

Anymanyを使ってヒノキのレーザーカットを依頼してくださった方が、ご自身のブログ記事に制作の過程をアップしてくださいました^^

バイク好きが高じて、スーパーカブに付けるフロントエンブレムをオリジナルデザインで自作された方です!

バイクのフロントエンブレム

アルファベットの部分をレーザーカッターで制作しています。当初はカッターやジグソーで切ろうとしていたそうですが、素材が割れてうまくいかなかったため、機械で加工してもらえるところはないかとGoogle検索してAnymanyのサイトにたどり着いてくださいました。外出自粛のためホームセンターも行きにくいので、オンラインでできるところを探されたそう。まさに、Anymanyが「こういう方にこそ利用して欲しい!」と思う理想の使い方をしてくださっています。

バイクのフロントエンブレム

——
若林浩志のスーパー・カブカブ・ダイアリーズ
【スーパーカブのフロントエンブレムを自作するのだ。】
Vol.12(前編)

バイクのフロントエンブレム

Vol.13(後編)
バイクのフロントエンブレム
——

加工品が届いた後の、完成に向かっていく過程まで見ることができて嬉しいです!
若林さんのブログは、ものづくりに対する愛が溢れ出ていて読んでいるだけで作っているような気分になれました♪ありがとうございます^^

Anymanyは5月末まで送料無料キャンペーン中です。制作を考えている方はお急ぎください〜!

切り絵の年賀状

年末は、オリジナル年賀状を作成したいという方が多く、
年賀状にまつわる制作物のご依頼をたくさんいただきました。

今回は、「切り絵」の年賀状の制作をご紹介します。
切り絵の年賀状

毎年切り絵の年賀状をカッターで一枚一枚制作していたお客様から、
今年はレーザーカッターで作れないかとご相談をいただき、紙を加工して制作することに。

切り絵の年賀状

従来は何十枚も手でカットすることを考えて、デザインを控えめに作っていたそうですが、
レーザー加工であればそれも自由自在に!
干支のねずみをモチーフに、今年はより複雑で繊細なデザインにパワーアップされたそうです。

加工時間は一枚あたりたったの3分ほど。
手作業で作る切り絵ももちろん魅力的ですが、年賀状のように何十枚も同じデザインを作る場合は
レーザーカッターにお任せしてみるのも手です。
難しいデザインも一枚一枚正確にカットしてくれるので、
デザインの制作意欲がUPするかもしれません。

今年は年賀状制作をAnymanyに依頼していただいたことで、
お客様も余裕を持って新年を迎えられたのではないのでしょうか^^

Anymanyで取り扱っている紙は、竹尾の「NTラシャ」と「マーメイド」の2種類です。
その他の紙もできる限りご要望にお答えしますので、
指定の材料の希望がありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

木馬のからくり玩具

MDFをレーザーカッターでカットし、いくつもの複雑なパーツを制作するご依頼をいただきました。

木馬のからくり玩具

ご依頼いただいたカットデータは、こんな感じ。
カットラインだけでも非常に美しいデータですが、いったいこのパーツでどんなものができるのでしょうか?
気になっていたところ、依頼者様に完成後の写真を送っていただきました!

木馬のからくり玩具

それは、歯車についたハンドルを手で回すと木馬の足が動き出す、精巧で美しい玩具。
大小様々な歯車を組み合わせ、それを連動させて造形物を動かす仕組みになっているそうです。

MDFを切り出したパーツは、加工後ご自身で塗装され、アンティーク風の落ち着いた仕上がりになりました。

組み合わせるパーツが大変細かく、綿密に計算された設計であることが伺えます。
これほどまでに細かいパーツを、金型を制作することなく正確に切り出せるのはレーザーカッターの強みです。

特にAnymanyのレーザー加工は、精密度が高く綺麗な仕上がりであったと
依頼者様にも大変満足いただけました。

Anymanyは、全国からwebでレーザー加工を依頼できるサービスです。
プロ・アマチュア問わず、全国のクリエイターのオリジナルプロダクトづくりを私たちは応援しています!

ラテアート用のステンシルプレート

博多阪急で開催された「アルプスの少女ハイジ展」。
そのコラボカフェで飲める、キャラクターのラテアートを作るためのプレートを制作させていただきました!

ラテアート用のステンシルプレート

ラテアートとは、カフェラテやカプチーノの表面に描かれた様々な模様のことです。
ミルクの注ぎ方だけで模様を描いていく方法が一般的ですが、
ステンシルプレートを使えば、さらに複雑な模様も誰にでも簡単に作ることができるんです。

ラテアート用のステンシルプレート

プレートは、透明な薄いアクリル板に、このようにレーザーカッターで模様を切り抜いて作ります。
カフェラテの上にプレートを載せ、ココアパウダーを振りかけるだけで完成!

ラテアート用のステンシルプレート

会場では、ハイジやクララのイラストが描かれたカフェラテがとても人気でした。

ラテアート用のステンシルプレート

ステンシルプレートを使う方法は、ラテアートの特別な技術がいらず
お店のオリジナルな模様を繰り返し忠実に再現できるため、飲食店の方を中心に多くの注文をいただきます。

ステンシルプレートを作る際、デザーンデータを作成するには少しコツがあります。
アルファベット文字の“O”や“R”のように、線で囲われた部分は抜け落ちてしまうため、
線が一周せず途切れたデザインにする必要があります。
文字は、ステンシル用のフォントを使うと便利です。

ラテアート用のステンシルプレート

ハイジ展のステンシルプレートをご依頼いただいた COFFEE STAND seed village 様、ありがとうございました。
このステンシルプレートはラテアートだけでなく、ティラミスやケーキの上の装飾にも応用できるので、
オリジナルのスイーツを作りたい方はぜひご検討ください!

ホテルのルームサイン

レーザー加工でアクリルをカットすることで、お店や施設のサインも作成できます。
今回は、ホテルのルームサインの制作事例を紹介いたします。

ホテルのルームサイン
こちらは白のマットアクリル(5mm)をカットして、黒いドアに貼り付け施工したルームサイン。
オリジナルデザインの部屋番号が個性的な印象を放っていますね。

ホテルのルームサイン
同じように、エントランスにあるシューズボックスにも部屋番号のサインを施工し、統一感ある仕上がりになりました。

ホテルのピクトグラムホテルのルームサイン
トイレやシャワールームなどのピクトグラムも、レーザー加工ならこの通り綺麗に制作できます。
こちらは黒のマットアクリル(5mm)をカットしています。

ホテルのルームサイン
このような個性的なルームサインもおしゃれですね!
複雑な形や曲線も精密にカットできるのがレーザー加工の醍醐味です。

立体的なサインがあると、空間の質もぐっと上がります。
お店を新しく作る方、改装したい方、オリジナルサインをファブラボ博多で制作してみてはいかがでしょうか。
もちろん、サインをデザインされている建築事務所・内装会社の方からのご依頼もお待ちしております!

紙のモビール

レーザーカッターは、紙をカットするにもピッタリの機材です。
複雑で繊細なカタチをカットしたい時、または同じカタチを正確にいくつか制作したい時などは、
手作業でカットするよりもレーザーカッターが格段に便利です。

今回紹介する制作事例は「紙のモビール」!
モビールはアクリル板や木板など、様々な素材で作ることができますが、
中でも「紙」のモチーフは軽く、室内のわずかな風にも反応して動きやすいので、
モビールに最も適した素材と言えます。

illustratorで図案をつくる際に、糸を通す穴も作っておくのがポイント。

少しアールをつけた針金に、糸で紙のパーツをつないで
バランスをとりながら配置していきます。

味気ない白い壁のお部屋も、モビールを吊るすだけで空間に彩りと動きが生まれますね。

Anymanyでは、「NTラシャ」と「マーメイド」(竹尾)の2種の紙を取り扱いしております。
デザインデータを元にペーパークラフトを制作したい方は、ぜひAnymanyにご依頼ください!

結婚式のオリジナル席札

ご自身の結婚式アイテムを手作りしたいというご夫婦から、
オリジナル席札の加工オーダーをいただきました!

ゲスト全員の名前をヒノキ一枚一枚に刻印した、ナチュラルなネームプレートです。
筆記体のフォントでゲストの名前を配置してデータを作るだけなので
データとしてはシンプルでカンタンですが、とても上品で可愛い仕上がりになりました♪

結婚式のオリジナル席札

当日のテーブルを華やかに彩ってゲストを笑顔にできますし、
持ち帰って自分の名前入りのキーホルダーやストラップとしても使えるよう、
飾り&チャーム用の穴をあけた設計にされていました。

さりげない心遣いと、素材感を活かしたシンプルなデザインがゲストにも嬉しいですね!
ガーデンウエディングにもぴったり合いそうです^^

結婚式のオリジナル席札

結婚式のアイテムを手作りして、特別感を出す演出は最近とても人気です。
完全に手作業でももちろん想いが伝わるのですが、
レーザー加工をうまく使えば、こんな風にかなり完成度の高いミニギフトに仕上がります。
木材の他には、カラフルなアクリルやレザーを使うのもオススメですよ。

結婚式のアイテムってどんな風に作ればいいのかな〜と悩んでいる方、ぜひ参考にしてくださいね!

建築模型のパーツもレーザーカッターで

福岡の建築設計事務所「設計+制作/建築巧房」様から、
マンションの建築模型のパーツの制作依頼をいただきました。

こちらの賃貸集合住宅は、木の手すりのデザインがポイントだそうです。
複雑で繊細なデザインになるので、レーザーカッターで作ってみたいとのご相談でした。

材料は特注で、薄くて剃りが少ない「航空ベニア」という素材をチョイス。
細かい手すりの形状も綺麗に再現でき、息をのむほど素敵な建築を表現できました!
模型完成後の写真を送っていただいたので、ぜひご覧ください。

手すりの柱の幅が、ランダムになっている部分と均一な部分の対比がよくわかり、
建築のコンセプトが非常に伝わりやすくなっています。

レーザーカッターででできる技術を最大限に活用していただき、ありがとうございました!

建築設計はCADソフトを使って設計するので、レーザー加工用のイラストレーターデータへの流用が簡単です。

建築模型などの繊細なパーツのご相談もお待ちしています。

建物名称:Stair House East & West
建築用途:賃貸集合住宅
設計者 :設計+制作/建築巧房
竣工予定:2021年1月

サンドイッチがモチーフのアクセサリー

熊本を拠点に活動しているアクセサリーブランド「nill.」さんからのご依頼で、
サンドイッチをモチーフにしたアクセサリーの素材を作らせていただきました。

nill.は村上キミさん、田中ノリコさんによるユニット。
ひらめきや発想の転換で、主に端材や廃材をアートな目線で見直し、魅力的なカタチのアクセサリーを制作されています。

作品の「パーツ」をレーザーカッターでつくる

今回のアクセサリーのベースは、3mm厚のシナベニア。
イラストレーターで入稿していただいたデータを元に、レーザーカッターで彫刻、カットしました。

 

そのあとはnill.さんの手によって絵の具で色付けされ、素敵なピアスやイヤリングへと仕上げていただきました!

 

サンドイッチ屋さんとのコラボ商品

今回の作品のモチーフは、「サンドイッチ」。
同じく熊本にあるサンドイッチcafe「TATOMIYA」さんとのコラボ商品です。
TATOMIYAさんの3種類の定番サンドイッチをモチーフにデザインされたそうです。どれもカラフルでカワイイですね^^

左:LBTサンド
目玉焼きやトマトにベーコンなどを元気な色で表現

中央:ローストハムとたまごのサンド
たまごのイメージと3つのインゲンがポイント
ナチュラルで優しい印象に

右:6種野菜のバジルチキンサンド
紫キャベツの色を中心にオシャレな大人カラー

<nill.さんのInstagramより>

それにしても、サンドイッチにしては具が多すぎでは…?と思うようなモチーフですが、実際のTATOMIYAさんのサンドイッチを見れば納得!

野菜のボリュームたっぷり!!食べてみたいですね〜^^
こだわりの野菜と果物を使い、店内では注文を受けてからサンドイッチを作られているそうですよ。

このサンドイッチアクセサリーは、TATOMIYAさんの店舗のみでの販売です。
サンドイッチと一緒にアクセサリーも堪能しに行かれてはいかがでしょう?

 

手作りだからこそ、レーザーカッターとの合わせ技を!

同じデザインのアクセサリーをたくさん作る場合は、ベースになる素材をレーザーカッターで制作される作家さんが最近増えています。
「機械で作る部分」と「手で仕上げる部分」の合わせ技で、アクセサリー作りも効率よくはかどります。
多方面で活躍されているハンドメイド作家さんたち、制作の一部をAnymanyにおまかせしてみませんか?
お試しに小ロットからでも依頼いただけますので、お気軽にご連絡くださいね♫

nill.
Facebook:@kiminoriko.nill
Instagram : @nill_mokuzakka

TATOMIYA
〒860-0863 熊本県熊本市坪井2丁目1-45
http://tatomiya.net/